バックギャモンのお勉強 4ロール4ロールをパスしよう
FC2ブログ

4ロール4ロールをパスしよう

お互いの1ポイントに8枚積んだ形、いわゆる4ロールポジションの勝率は約74.5%ですのでアンリミテッドならテイクです。しかし、ポイントマッチはスコア状況によってテイクポイントがまちまちで更に2away側からのキューブをテイクしない限りリダブルを効果的に使えないためテイクポイントが高くなりこれをパスしないといけない状況が多々あります。

そこで、7ポイントマッチ以内のすべてのスコアとキューブ状況においてキューブアクションがどうなるか一覧にしてみました。

DT=ダブルテイク
DP=ダブルパス
ND=ノーダブルテイク

615.png

3awayや4awayからのキューブの多くがパスになります。3ポイントマッチならオープニングスコアでパスですし、下のスコアでは4ロールポジションだからと安易にテイクするととんでもないエラーになっています。

b4-w3/7
616.png
青からのキューブ

Cubeful equities:
1. Double, pass +1.000
2. Double, take +1.398 ( +0.398)
3. No double +0.761 ( -0.239)
Proper cube action: Double, pass

続いて2から4へのリダブルです。

617.png

6awayや7awayからのリダブルテイクはほぼテイクパスボーダーですので、そうなると負けている側からのリダブルはほぼパスになります。そして、スコアリード側からのリダブルはあまり打てません。

最後に4から8へのリダブルです。

618.png

実にシンプルです。同点ならリダブルテイク、負けている側からはリダブルパス、勝っていたら打てない。

ポイントマッチをやるにあたって、4ロールポジションはいつでもテイクできるわけではないと知っておくと何かいいことがあるかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kazu(keeae)
ネットでバックギャモンをプレーしてGNU Backgammonにて解析しています。

Twitterはこちら
GridGammonの成績はこちら
PlayOKの成績はこちら
YouTubeのチャンネルはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者