バックギャモンのお勉強 動けない壁はただの壁

動けない壁はただの壁

b2-w3/7
629.png
pips b=114 w=108

向こうのブロットはどうしても隠せないので実質二択となる。7ポイントを崩してビルダーを増やすプレーがショット数も1通り少ない。しかし、セミプライムを維持するだけで打たれなかった場合の勝率は高いはずなのでもう少し理由が欲しい。7ポイントを崩しても5の距離は止めている。そこで5を振ってしまうと相手はインナーを崩すかアウターにブロットを置くことになってしまう。セミプライムを維持するプレーはその使えない5の目でヒットされてしまいその落差は激しい。攻撃に関してもルースヒットができないインナー状況でスペアチェッカーを乗せてポイントオンの目を増やしているのはプラス、4の距離はどのみちデュプリケーションが利いている。

1. 7/6 7/5        Eq.: -0.538
0.393 0.123 0.004 - 0.607 0.224 0.003 CL -0.384 CF -0.538

2. 18/17 18/16 Eq.: -0.645 ( -0.107)
0.382 0.085 0.003 - 0.618 0.206 0.002 CL -0.435 CF -0.645

Truncated cubeful rollout (depth 11) with var.redn.
360 games, Mersenne Twister dice gen. with seed 553461484 and quasi-random dice
Play: world class 2-ply cubeful prune [world class]
keep the first 0 0-ply moves and up to 8 more moves within equity 0.16
Skip pruning for 1-ply moves.
Cube: 2-ply cubeful prune [world class]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kazu(keeae)
ネットでバックギャモンをプレーしてGNU Backgammonにて解析しています。

Twitterはこちら
GridGammonの成績はこちら
PlayOKの成績はこちら
YouTubeのチャンネルはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者