バックギャモンのお勉強 5なのか6なのか

5なのか6なのか

unlimited
634.png
pips b=147 w=149

1でエンター、6の目の選択で打ち込むのはさすがにボードの強さとリターンの多さを考えれば危険すぎる。相手はアウターにある2枚のブロットをまとめるなり逃がすなりしないと落ち着かないところ。ここで17ポイントに飛び出しておけば2箇所のヒットとまとめる目の5がデュプリケーションになっていて相手のいい目を比較的限定することができる。相手は6を振ってもアンカーを優先させたいためミッドのブロットをどうすることもできず大きな弱点となってしまうが、18ポイントに飛び出してしまえばそのブロットにヒットという仕事を与えてしまう。そもそものショット数の多さも相まってここでは18ポイントに出る手は悪い手となっている。

1. bar/24 23/17 Eq.: -0.413
0.423 0.122 0.007 - 0.577 0.280 0.009 CL -0.315 CF -0.413

2. bar/24 13/7*  Eq.: -0.518 ( -0.105)
0.385 0.133 0.009 - 0.615 0.288 0.022 CL -0.397 CF -0.518

3. bar/18            Eq.: -0.523 ( -0.109)
0.397 0.116 0.008 - 0.603 0.320 0.010 CL -0.412 CF -0.523

Truncated cubeful rollout (depth 11) with var.redn.
360 games, Mersenne Twister dice gen. with seed 550912770 and quasi-random dice
Play: world class 2-ply cubeful prune [world class]
keep the first 0 0-ply moves and up to 8 more moves within equity 0.16
Skip pruning for 1-ply moves.
Cube: 2-ply cubeful prune [world class]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:kazu(keeae)
ネットでバックギャモンをプレーしてGNU Backgammonにて解析しています。

Twitterはこちら
GridGammonの成績はこちら
PlayOKの成績はこちら
YouTubeのチャンネルはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者